ダイヤモンドの買取について知ろう

ダイヤモンドの価値はどこで決まる?

ダイヤモンドは宝飾品に使うものとして絶大な人気があります。

貴金属の上にダイヤが使われているようなダイヤの指輪には誰しもが憧れるでしょうし、ダイヤモンドをあしらったアクセサリーはキラキラと輝いて女性心をくすぐります。婚約指輪としてダイヤモンドを使っている指輪が定番であり、一番人気の高いものです。

このダイヤモンドの価値ですが、どのように判断されるのでしょうか。
今回ダイヤモンドを売る機会があったので、それをきっかけにダイヤモンドの価値について調べてみました。

まずダイヤモンドの判断基準となるのは、4Cというものです。
カラット(重さ)・カット(研磨)・クラリティ(透明度)・カラー(色)の頭文字をとって4Cといわれています。このグレードを中心に考えてみてください。

なかなか自分自身で価値を判断するのは難しいのですが、きちんと基準が決められてるので、査定に出すとそれを基準としてそのダイヤモンドの価値が決定します。

そのため、ダイヤモンドの相場というのはあまり意味をなしてくれません。
元々のダイヤがもつ素材としての良し悪しが査定に関係するのです。

今持っているダイヤモンドの価値は、価格変動などで買取額が変わるものではなく、既に買ったときから決定しているというわけですね。