買取業者の誕生から、運営に必要な資格まで

買取業者ってどんな仕組み?

買取業者に売ることを考えて、ふと疑問に思ったのが買取サービスや買取業者の歴史です。

昔は質屋が主流だったので、いつ頃から買取業者が誕生したのだろう、と思ったのです。
色々調べた結果、買取業者や貴金属の買取サービスが始められたのは、日本では20年前ほどからということがわかりました。20年ほど前となると、結構最近ですよね。
金やプラチナなどを資産として考えている人が少なかったからです。

ところがなぜ、買取業者が誕生をして買取サービスを始めるようになったのでしょうか。
それは、金やプラチナの価値が高騰したことがきっかけだったそうです。
資産として人々が金やプラチナを所持し始め、売買をする人も増えたことで一気に買取業者が増えたとのこと。

業者は貴金属以外にも宝石やアクセサリー、その他ブランド品なども同時に扱っているところも増えてきているそうです。
私自身が検討をした業者でもブランドバッグなどを扱っている業者もありました。

買取業者は中古品を扱うので、古物商の免許が必要になります。
これは取得義務があるものなので、必ず持っていなければいけません。

もし業者選びで迷った際はしっかりと古物商の免許を取得している業者かを調べて依頼しましょう。