宝石ごとの指輪買取相場をチェック!

宝石によって違う指輪の買取基準

アクセサリーの中でも人気が高い指輪ですが、貴金属のアクセサリーとしての買取価格を知っておきたいですね。
売りたい品物の中に実は指輪が多かったので、調べてみました。

まずダイヤモンドからですが、ダイヤモンドは4Cという基準で明確な査定基準というものが存在しています。
ダイヤモンドは指輪の中でも最もポピュラーですし、主張しすぎないので誰でもつけることができるとあって、長く愛されていますね。

ダイヤモンドの場合はこの4Cのバランスによって価値が決定します。

次にサファイヤやルビー、エメラルドなどです。
これらもある程度はカラットによって価値が決められているのですが、その価値にプラスして、指輪の場合はその指輪のデザイン性やブランド力というものが発揮されると思います。

有名なブランドで人気が高いとなればアクセサリーとしての価値が高まるでしょう。

アレクサンドライトはというと、昔からというよりは、比較的新しいカラーストーンです。
このアレクサンドライトは珍しく、昼と夜では色を変えることで知られていて、その色の変化が人気となりました。この変色性によって価値が変わりますので、他のカラーストーンとは価値の付き方が多少異なります

またパールに関してはカラットではなくてミリメートルで計算されます
ブランド品と呼ばれるパールには驚くほど高値が付けられることもありますよ。