アクセサリーとしてのネックレス買取相場

ネックレスの買取基準はどう決まる?

常に身につけていられる貴金属のアクセサリーとしては、指輪よりネックレスのほうが使いやすいと思います。

ネックレスはチェーンにどんな素材を使っているのか、そしてトップにあしらわれている宝石があるのかないのか、どういった宝石なのかと買取基準を決定するには複雑な構造となっています。

まずは金をメインとしたネックレスについてですが、金は買取価格が国際基準でグラム単位となり決められています。
そのアクセサリーが18金なのか24金なのか…割合を知ってから相場を調べてみましょう。

プラチナについても国際基準で決められているので、相場を知るのは比較的簡単です。

宝石のダイヤモンドについては、4Cが判断基準となるので、自分で金額を知ろうと思っても難しいと思います。

それ以外の宝石も同様で、サファイヤやルビー、エメラルドなどはネックレスとしてもよく使われているカラーストーンではありますが、基準はプロの鑑定士に見てもらわないとわかりません
パールについても傷や形や輝きなど…些細な違いで価格が変動するそうです。

またネックレスも指輪と同様でアクセサリーとしての価値も判断されます
デザインがどうなのかとか、ブランドがどこなのかなどですね。

こういったことも踏まえて、ネックレスの買取相場は決定します。